Flair Espressoキャリングケースのリメイク2

持ち手の土台(手カン)をネジで固定し持ち上げるとそのままでは本体上部がたわむため、補強に0.8mm厚のステンレス板を使用します。

鞄内部に板を張り付けたところ。端のカーブは木槌でゆっくり叩いて曲げました。

次はファスナーを含めた周囲に巻き革を貼り付け、ひたすら縫っていけば完成です。

こういった作業はミシンが欲しい…


お読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに登録しています。クリックいただくと励みになります。

2020-08-01レザークラフト

Posted by BOJO