Flair Espressoキャリングケースのリメイク4 完成

ようやくキャリングケースが完成しました。

革はアラスカを使用。

土台とカンは真鍮製。ファスナーはYKKエクセラ。

Flair Espressoのエスプレッソメーカーは分解して持ち運べます。

バラして詰め込むとこんな感じ。

スムースな革と錠前を使った高級路線か、シボが目立つ革とファスナーで少しカジュアルっぽくするかで迷いましたが、後者の組み合わせで良かったと思います。


10月1日に撮影した中秋の名月。

所持している焦点距離最大70mmのレンズではトリミングしてこの大きさが限界…

お読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに登録しています。クリックいただくと励みになります。

2020-10-15レザークラフト

Posted by BOJO